So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

初春の散歩 [かぞく]

去年の暮れに、北区東十条に住んでいた伯母ちゃんが板橋区のホームへ入所。

今年初め、それにともなう住所変更もろもろで、北区役所と板橋区役所へ。

電車での行き方を調べていたら、どうやら板橋区役所から友だちの家が近いと気付き。

「遅めのランチでもどうー?」と誘いました。

あたふたな区役所巡りの後、都営三田線の「春日」駅で待ち合わせ。


ランチの前に、ちょっとお散歩。

写真ないけど、「こんにゃくえんま(常光山源覚寺)」さんへあいさつ。

閻魔様が目の病気を治してくれたということから、

目の病気回復で訪れる人が多く、お礼に「こんにゃく」をお供えするのだとか。

そういえば家の近所にも、「たわし」がいっぱいお供えされている小さな神社があるなぁ。

そこは「咳」にきくというもの。

あぁ、こんなに話がふくらむなら、写真を撮っておけば良かった(笑)。

しばらく歩いて。

IMG_6718.jpgIMG_6717.jpg

「澤蔵司稲荷」

友だちが小さい頃、いっぱい遊んだという場所。

子どもにとって、神社やお寺って格好の遊び場ですょね。

IMG_6719.jpg

徳川家ゆかりの地を歩く。

そうそう、ここは「お江戸」ですもんね~。

IMG_6720.jpg

しばらく歩いて、「傳通院」へ。

ここは、「千姫」や家康の生母「於大の方」のお墓があるのだとか。

写真は左から、勢至菩薩、法像地蔵尊、観世音菩薩。

みんな優しいお顔ですね。


そしてこの日の散歩の最終目的地は……。

IMG_6721.jpg

3年前に亡くなったお父さん(昭和4年生まれ)の母校、拓殖大学です。

お正月の「箱根駅伝」を見て、ヒートアップしていた私。

「拓大まで歩けるのー?」って、lineで聞いたら、

「お父さんが歩いたかもしれない道」を、案内してくれたのでした。

ありがとう。

IMG_6733.jpg

創設者の桂太郎氏。

お父さんが通っていたのは、たぶん昭和22年ごろから。

北九州から上京して、東横線沿いのどこかの寮に住んでいたそう。

IMG_6735.jpg

カフェテラスで、アイス。

お父さんの大学時代。

麻雀したり、麻雀したり、麻雀したり。

しながら、いろんなことがあったんだろうなぁ。

そうそう、学生時代の友だちによると、

東京から生まれ故郷の九州(たぶん小倉)まで、歩いて帰ったこともあるそうで。

ちょっとした話題を呼び、ゴール地点で新聞社のインタビューを受けたのだとか。

またその話は、ゆっくり思い出してみよう。

IMG_6711.jpg

実は小さい頃、一度だけ、お父さんと一緒に来たことあるのょね。

あんまり覚えていないけど。

思い出せる場所があるって、嬉しいような。

でもまだまだ、悲しくなってしまうような^^


何はともあれ。

「お父さん、来たよ―――!」

IMG_6736.jpg

遅いランチは、昭和感満載な洋食屋さんで。

裁縫を始めた友だちは、自作のベストを着ていました。

すてきだったなぁ♪

IMG_6737.jpg

夢と幸せが乗っかったようなお皿、もう、ワクワクしちゃう。

ゆったーりといい時間でした。


どうもありがとう。


☆バンビ茗荷谷店→

nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

おおはま☆鎌倉 御成町☆2017忘年会 [鎌倉・藤沢]

2017年の12月。

おいしい熱燗と料理がいただきたく、鎌倉へ行ってきました。

IMG_5935.jpg

ちょっと早めに着いたので、由比ヶ浜へ。

風は冷たかったけど、寄せる波の音を聞いていたら、その場所から離れられなくなっちゃった。

日が沈む様子をみながら、しばし2017年を振り返ってみたり……。


待ち合わせ時間も迫ってきたので、てくてく歩いて御成町の「おおはま」へ。

IMG_5961.jpg

「今日の酒器は、どれにしようかなぁ」って、あれこれ見ながら悩むの楽しい。

IMG_5962.jpg

スッキリとした旨みの「久礼」と、心地よいコクの「ともぞう」

前回いただいておいしかったので、まずはこちらから^^

IMG_5966.jpgIMG_5968.jpg

そして3種盛りを2つずつ。

「アボガドの自家製なめたけ乗せ」

「茄子の揚げ浸し」

「カボチャとチーズとナッツのサラダ」

「柿とさつまいもとクルミの白和え」

「蓮根と葱と桜海老の塩きんぴら」

「長ねぎとエリンギのじゃこ炒め」

もうっ。

心憎いメニューばかりで、嬉しくて、選ぶのが大変(笑)。

IMG_5972.jpg

「ポテサラ挟みハムカツ」

夢のような取り合わせが、幸せなひと皿。

おいしかったなぁ。

IMG_5976.jpg

「自家製蒸したてシュウマイ」

ここに来たら、これを頼まないと~。

IMG_5974.jpgIMG_5982.jpg

「ぬた」って、お酒がすすみますょね~。

IMG_5978.jpg

「白子と舞茸の天ぷら」

とろけるとろけるクリーミーな味わい。

IMG_5987.jpg

この日一緒だったのは、まきちゃんとにいなちゃん。

確か会うのは、3ヶ月ぶりくらいだったような。


ほどよく酔って、2018年の目標を話していた気がするけど。

それがどれほど達成されているかは、不明(笑)。

まぁ、楽しければいいょね。

そして変わらず2018年も、

たまにしか会えないけど、いい時間を共有してくれてありがとう。

IMG_5994.jpg

〆はやっぱり、おにぎりで。

IMG_5953.jpg

2017年、暮れの夕焼け。

そんなこんなしているうちに、2018年も半分過ぎようとしているんだなぁ^^

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

伯母ちゃんとランチ☆2018年5月 [かぞく]

IMG_8820.jpg

「初夏です」(笑)。

崎陽軒「季節のお弁当」を持って、

先週、伯母ちゃんがお世話になっているホームへ行ってきました。

こちらに来てから、5カ月ほど。

私のことは分かっているようないないような、微妙な感じ。

「この人だれ?」

と職員の人に聞かれると、いろいろ考えた末に「妹よ!」とか言ってみたりするけど、

2人で話している内容はしっかり伯母と姪(笑)。

何はともあれ、笑顔でいろいろ話してくれるということは嬉しいこと。

たまに「私、初夏だよ!」というと、「分かってるわよー」という顔をする^^

もう思い出せなくても、楽しそうな顔をしてくれていると、じゅうぶんこちらも幸せになりますね。

IMG_8825.jpg

南池袋公園に併設されているカフェ。

「ラシーヌ ファーム トゥ パーク」

この日はお天気も良かったので、ホームの帰りに池袋で寄り道。

テラス席でひとやすみしてきました。

ちょっと暑さでくたびれた身体に、スキっとスーーーッとレモネードが沁み込む。

IMG_8833.jpg

カフェで買った「エッグタルト」

ダンナさんがエッグタルト好きなので、お土産に買って帰りました。

サクサク生地に、軽やかなコクのフィリング。

これ、おいしい♡


◇ラシーヌファームトゥパーク→

IMG_7493.jpg

ちなみに前回の差し入れは、ダンナさんがお取り寄せしている鰻で「うな弁当」。

「鰻」と「姪」、最強の組み合わせに、終始笑顔でいてくれました^^


来月は何を差し入れしようかなー♡

nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

新緑の三渓園 [本牧☆honmoku]

5月の三渓園。


なんでなのか今年のゴールデンウィーク、

勝手にダンナさんが9連休だと思い込んでいまして。

いつもの朝食時間にのんびりヨガなどしていたら、

「何やってんだ? 俺、仕事だよ」と(笑)。


結婚して11年。

毎年ゴールデンウィークは暦通りなのに。

一緒にだらだらしたい。

という願望だったんでしょうか?

あ~~、自分が怖い(笑)。


ということでゴールデンウィークの真ん中の日、

お天気も良かったので三渓園に行ってきました。

IMG_8672.jpg

臨春閣。

青空が、気持ち良かったなぁ。

IMG_8680.jpg

聴秋閣。

ゴールデンウィーク中は普段入れない遊歩道が解放されていて、

てくてく歩いて登って、後ろを振り向いたり、草木の香りを肌で感じてみたり。

IMG_8681.jpg

流れる水の音に、耳を傾けたり。

IMG_8665.jpg

こちらは北鎌倉の東慶寺にあった仏殿。

明治40年に移築されたそうです。

IMG_8687.jpg

新緑の中でいただく抹茶ソフト♪

池を泳ぐ水鳥を見ながら、程よい苦味と甘味、堪能いたしました^^


そろそろ外で食べるアイスがおいしくなる季節。

次は何を食べようかなぁ♡


三渓園→

nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

あれから3年 [かぞく]

IMG_7834.jpg

3月下旬。

お父さんが逝って、3回目の命日。

お母さん、妹、姪っ子1号、2号と5人で、お墓参りに行ってきました。

あれから3年なのかぁ。

早かったのか、遅かったのか、あまり分からないけど。

3年という月日が流れたことは確か。

IMG_7829.jpg

「パン! パーン!」

思いっきり柏手を打つ、姪っ子2号(笑)。

「え??? 違う、違ーうっ^^」

と、みんなで大笑い。

姿勢いいしっ。

IMG_2460.jpg

ちなみに去年の三回忌は、

お母さん、ダンナさん、義弟、姪っ子2号と私。

姪っ子1号が風邪になったので、妹と1号はお留守番でした。

幼稚園に入る前、まだ3歳だった2号。

ママがいない(長い)外出は初めてだったので心配したけど、泣かずに元気に、私たちを和ませてくれた。


この頃はなぜか、泣いてばかりいた毎日。

ちょうど桜の季節に亡くなったので、買い物に行き桜を見ては泣き、キッチンで料理をしては泣き。

亡くなってから2年間、必死でがまんしていた涙や思いが、溢れ出てくるような毎日だった。


今年も3月に入り、涙が出てくる日が多かったけど。

IMG_8061.jpg

ダンナさんと桜の下を、

「そろそろ蕾が大きくなりそうだねー」

「そろそろ咲くねー」

「きれいだねー」

って、散歩の度に話したり。

IMG_7896.jpg

孫息子たちと姪っ子たちが桜の下で遊んでいる写真を、撮りまくったり(笑)。

IMG_8080.jpg

桜の下で、姪っ子(1号)と未来の話をしたり。


そんなことをしている間に、桜の季節が終わりを迎えている。

こうやって、哀しみは溶けていくのかな。

来年の桜の季節、また泣いてばかりかもしれないし、そうでないかもしれない。

ただ分かるのは、来年もきっと、そばにいてくれる人がいるということ。


どうもありがとう。

いつもありがとう。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -